G7首脳、治療薬開発や経済財政政策協調で一致

2020年3月18日 07:31

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大を受けて、安倍晋三総理はG7テレビ首脳会議後の記者会見で、安倍総理は「現下の厳しい事態を終息し、世界の人々の不安を和らげるためには、何よりも治療薬を開発することが重要だ、ということを述べ、そのためにG7が協力し、世界の英知を結集し、治療薬の開発を一気に加速すべきだと訴えた」ことを強調した。

 また「世界経済が非常に大きなマグネチュードで悪影響を受ける懸念があるため、G7で協調しながら、これに見合うだけの十分な経済・財政政策をしていく。G7としてあらゆる手を尽くしていくという力強いメッセージを発出すべきだと提起した」と述べた。

 安倍総理は新薬開発や経済・財政政策をG7で協調して取り組んで行く提案に「G7の首脳たちから賛同を得、この内容について首脳声明として発表されることになった」と述べた。またG7首脳によるテレビ会議は有意義であったとし「時期をみて、また行うということでも一致した」と述べた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
新型肺炎。金融機関の融資姿勢は緩やかに慎重化。官民挙げた中小支援が重要
緊急事態宣言までに東京五輪中止や延期の勇気も必要か
新型コロナの世界的な混乱が続く中、ウイルスよりも恐ろしいのは?

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三G7新型コロナウイルス