心理戦で互いの思考の読み合いが無限ループしない理由

2020年3月17日 17:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 対人ゲームでは、相手の思考を読んだうえでそれに対応することが求められることが多い。しかし、相手もこちらの思考を読んだ上で行動するとすると、こちらはさらに相手がこちらの思考を読むだろうと想定してその対策を取らなければならない。これを繰り返すと無限ループになるようにも思えるのだが、実際にはそうならない。その理由は、ゲームに参加するすべてのプレイヤーが常に最適解を選択するとは限らないからだという(Quora)。

 過去に行われた実験では、一般人はほかのプレイヤーの思考を読まないか、読んだとしてもその思考を読んだ上でほかのプレイヤーが行動を変えるということはあまり想定しない、という結果になったそうだ。そのため、その実験ではいわゆる「裏の裏をかく」行動が最適になったという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | ゲーム

 関連ストーリー:
北朝鮮の平壌放送、数分にわたって延々と数字を読み上げ続ける 2016年07月21日
サーバのバージョンは隠すのが常識? 2007年09月03日
自律走行車が増えると強引に横断する歩行者が増える? 2016年10月29日
訃報:ノーベル賞受賞の数学者ジョン・ナッシュ氏死去 2015年05月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告