イーロン・マスク氏、Starlink衛星通信はゲームに使えるほど遅延が少ない

2020年3月14日 19:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 宇宙開発企業SpaceXは通信衛星を使ったインターネット接続サービス「Starlink」の実用化を目指して通信衛星の打ち上げなどを行なっている。同社のイーロン・マスクCEOによると、この衛星ブロードバンドサービスは、高速化つレイテンシが小さく、レイテンシが重視されるオンラインゲームであっても十分に対応できるという(Ars TechnicaSlashdot)。

 SpaceXがこのサービスの計画を始めた2016年後半、レイテンシは25ミリ秒から35ミリ秒になるとされていた。しかし現在は20ミリ秒以下のレイテンシを目標としており、将来的には10ミリ秒以下も実現可能だという。これは有線のインターネット接続サービスに匹敵する数値だ。

 また、マスクCEOは衛星ブロードバンドサービスについて、高速ブロードバンドにアクセスできない地方の顧客が主に使用するもので、Starlinkは通信事業者にとって大きな脅威ではないと主張している。その理由として衛星通信は人口密度の高い地域には適していないためだという。都市部ではセルあたりの帯域幅が狭くなってしまうため、パフォーマンスが低下するそうだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | インターネット | ゲーム | 宇宙

 関連ストーリー:
衛星コンステレーションが天体観測に及ぼす影響を調べるNASAの市民科学プロジェクト 2020年03月10日
SpaceXの衛星ブロードバンド接続サービス、2020年半ばにサービスインの予定 2019年10月28日
SpaceX、Starlink衛星30000基増設をITUに申請 2019年10月18日
SpaceXの人工衛星に対し「明るすぎる」との批判 2019年05月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードSpaceXイーロン・マスク

広告