「NHKプラス」サービス開始

2020年3月2日 08:17

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

take-ash 曰く、 インターネット同時配信および見逃し番組配信サービス「NHKプラス」が3月1日7時よりサービスを開始した(案内ページ視聴ページ報道資料: PDF)。

NHK-GとNHK-Eの 同時配信視聴についてはID登録(利用申込)不要だが、見逃し配信の利用にはID登録が必要となる。ID登録の際に受信契約情報の入力が求められるが、NHKプラスの利用に対して追加費用は発生しない。サービス開始直後はアクセスが集中しておりID登録画面が表示されない状況となっている。

 ID登録は1日15時30分に再開がアナウンスされた。同時配信の視聴は登録不要といっても、画面右下の4分の1程度の範囲に登録を求めるメッセージがオーバーレイ表示されるため、実質的には登録必須だ。テレビなどの受信設備を所有していない場合は受信契約ができないため、ID登録をすることもできない。1つの登録IDで5画面まで同時視聴できるが、海外からの視聴はブロックされる。

推奨環境にはApple Safari/Google Chrome/Microsoft Edgeが挙げられているが、DRMをサポートするモダンブラウザーの多くで視聴可能とみられる。Internet Explorerでの視聴はできない。モバイルアプリ(AndroidiOS)も利用可能だ。標準でDRMをサポートしないBraveでは通知に従ってWidevineCDMをインストールする必要がある。ただし、BraveはDRMの使用に反対しており、設定画面からアンインストールする手段も用意されていないので注意が必要だ。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | テレビ | DRM | インターネット

 関連ストーリー:
NHKのネット常時同時配信、インターネット接続端末所有者への受信料負担を必須にするものではないと総務省が回答 2019年12月27日
NHKのBS放送、番組のネット同時配信に向けた「改革」のため4波から3波へ集約へ 2019年12月10日
NHKのインターネット活用変更案の意見募集、12月8日まで 2019年12月01日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleiOSAndroidAppleMicrosoftChromeMicrosoft EdgeSafariInternet ExplorerNHK

広告