米政策金利は年末までに1ポイント低下の可能性も

2020年2月27日 14:49

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:49JST 米政策金利は年末までに1ポイント低下の可能性も
 26日のニューヨーク市場では、米国で新たな新型肺炎の感染ケースが確認されたことから、ドルの上値は重くなった。NYダウは一時461ドル高まで戻したが、取引終了前に190ドル安まで反落。外為市場ではポジション調整的なドル売りが観測された。米国債券市場では、3月利下げの思惑が広がっており、2年債利回りは一時1.133%近辺まで低下した。

 市場関係者の間からは「3月利下げの確率は前日からやや上昇しており、債券市場は年内2回程度の利下げを想定しつつある」との声が聞かれている。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によって、市場ベースの米政策金利見通しは引き下げられており、米国内での感染拡大が確認された場合、政策金利は年末までに1ポイント程度(0.50%-0.75%)引き下げられてもおかしくないとの見方も出ているようだ。《MK》

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
  • 三越恵比寿店 (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース