今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆120円を挟んだ水準で推移し、上げ渋る状態が続く見通し

2020年2月27日 08:39

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:39JST 今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆120円を挟んだ水準で推移し、上げ渋る状態が続く見通し
ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。ユーロ・円は、英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から137円50銭(2018/2/2)まで買われた。ユーロ圏におけるウイルス感染の拡大を警戒してユーロ買い・円売りはやや抑制されている。米ドル・円相場に大きな動きがない場合、ユーロ・円は120円を挟んだ水準で推移し、上げ渋る状態が続くとみられる。

【ユーロ売り要因】
・新型肺炎の増加
・ドイツの政治不安
・欧州中央銀行(ECB)は現行の金融政策を長期間維持へ

【ユーロ買い要因】
・ユーロ圏製造業の緩やかな回復
・米長期金利の低下
・ユーロ圏の失業率は低下傾向《CS》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース