ボッテガ・ヴェネタ、2020年秋冬ウィメンズコレクション発表

2020年2月26日 09:13

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA) 2020-21年秋冬ウィメンズコレクションが、2020年2月22日(土)、イタリア・ミラノで発表された。メンズとの合同ショー形式である。

■ブランドアイコンの再解釈を継続

 ミラノの最注目ブランドの1つになっているダニエル・リー率いるボッテガ・ヴェネタは、3シーズン目を迎える今回も、これまで通りブランドの歴史やアイコンモチーフに現代的な解釈を加えるというクリエーションの姿勢を変わらずに継続。しかし、“静”の要素が強い構築的なデザインが主流だった前回までの2シーズンと比べて、“動”の要素を含んだややソフトで遊び心に富んだアプローチを行っているように感じられる。

■躍動感をもたらすフリンジディテール

 今季のシグネチャーディテールであるフリンジはその好例と言ってよいだろう。ブランドを象徴するイントレチャートのクラッチバッグに注目すると、編みかけ途中のレザーを垂らすことでフリンジのディテールを作り上げている。フリンジはボアコートやニットドレスなどにあしらわれており、歩くたびにダイナミックに揺れて、ルックに躍動感をもたらす。

■柔らかさを醸し出すニットの編み込み

 コレクションに柔らかな空気を運んでくるのは、レザーではなくニットによる編み込み。踊っている人のシルエットを編み地で表現したニットカーディガンやロングドレスは、ボディにそっと寄り添うようなフォルムで、シュールなユーモアとエフォートレスな雰囲気を醸し出す。

■ネオンカラーをアクセントに

 カラーパレットはブラックなどのダークトーンを基調に、鮮やかなレッドの“スカーレット”、ネオンピンクの“ロリポップ”、ネオングリーンの“キウイ”、ブラウンの“チョコレート”を効かせて。そこに眩いばかりに煌くシークインなどの装飾を散りばめたドレスやパンツで、アクセントを加えている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードチョコレートボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)ミラノグリー2020年秋冬コレクション

広告

写真で見るニュース

  • BMW 1シリーズ。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 連星系の周りを回る惑星の想像図 (c) NRAO/AUI/NSF, S. Dagnello
  • 小惑星ベンヌ (c) NASA
  • Flow Machines Professional(画像:ソニーコンピュータサイエンス研究所の発表資料より)
  • うめきた2期の完成イメージ(阪急阪神ホールディングス発表資料より)
  • BMW 1シリーズ。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 「星形成プロジェクト」による3つの領域(オリオンA領域、わし座領域(Aquila Rift)、 M17領域)の一酸化炭素輝線強度の電波地図 (c) 国立天文台
 

広告

ピックアップ 注目ニュース