スリラー映画『エスター』の前日譚が制作へ、ロシアの精神病棟施設にいた“エスターの過去”を描く

2020年2月24日 18:10

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 スリラー映画『エスター』の前日譚を描いた、続編『Esther(原題)』が制作される。

■恐ろしい本性を持つ少女によるホラー作品

 2009年に公開された映画『エスター』(原題:Orphan)は、とある夫婦に迎えられた孤児院の少女・エスターの恐ろしい本性を描いたスリラー作品。自分の正体を偽りながら、じわりじわりと家族を追い詰めていく少女の姿を描いた物語は、公開と同時にヒットを記録。その不気味な笑みで、観客を恐怖に陥れたエスター役の子役 イザベル・ファーマンの高い演技力も話題を集めた。

■ 映画『Esther(原題)』あらすじ

 <以下、前作のネタバレを含みます>

 そんな『エスター』の続編は、主人公エスターの“過去”へと遡る前日譚が描かれる。前作のラストで明らかになったエスターの正体=33歳の精神病質者、リーナ・クラマーが、まだロシアの精神病棟施設で過ごしていた時代だ。施設からの脱走に成功したリーナは、裕福な家庭の行方不明になっていた少女“エスター”になりすまし渡米することに。しかし彼女の企みは、家族をどんな手を使ってでも守ろうとする母親によって阻ばれる―といったストーリー展開となっている。

 なお監督は、ホラー映画『ザ・ボーイ』シリーズのウィリアム・ブレント・ベルが担当する予定だ。

■詳細

 映画『Esther(原題)』
公開時期:未定

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
 

広告

ピックアップ 注目ニュース