菅田将暉CDジャケット手掛けるアートディレクター矢後直規の大型個展ラフォーレ原宿で、初公開ラフ画など

2020年2月23日 19:01

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 アートディレクター矢後直規による初の大型個展「婆娑羅」が、2020年2月22日(土)から3月8日(日)までラフォーレミュージアム原宿にて開催される。

 矢後直規は、人気アートディレクターとしてラフォーレ原宿の広告を多数手がけるほか、Chara、菅田将暉といったアーティストのCDジャケットやMV、写真家・篠山紀信のブックデザインなど、多方面で活躍。2020年に就航が予定されているJALグループのLCC「ZIPAIR」においては、ロゴタイプやシンボルマーク、機体デザイン、制服のディレクションなどブランドの立ち上げに参画し、これまでのアートディレクションの垣根を超えた活動にも注目が集まっている。

 今回開催される「婆娑羅」は、矢後直規にとって初となる大型個展。会場は、自身が創り出した数々の世界観が集結した古代遺跡のように構成。未知の文明に迷い込んだような空間を歩きながら、作品を体感できる。

 “色彩、形、素材などさまざまな異色のものが過剰にぶつかり合う”という思いが込められたタイトル通り、初公開となる作品やラフスケッチ、再構築した過去作品など、矢後直規ならではの色鮮やかでユーモア溢れる作品が多数ラインナップ。また、2019年2月までラフォーレ原宿のエントランスに設置されていた銀杏の木を用いた作品も、本展で初披露される。

 会期中には、写真集のブックデザインを手がけた写真家・篠山紀信をはじめとするスペシャルゲストとのトークイベントを実施。さらに、開催に合わせて製作した同名作品集も会場で先行発売するので、気になる人は是非チェックしてみて。

【詳細】
期間:2020年2月22日(土)~3月8日(日)
時間:11:00~21:00(入場は20:30まで)
会場:ラフォーレミュージアム原宿
住所:東京都渋谷区神宮前1丁目11番6号 ラフォーレ原宿6階
入場料:無料
アイテム価格:矢後直規作品集 「婆娑羅」 3,900円+税

【問い合わせ先】
TEL:03-3475-0411(ラフォーレ原宿代表番号)

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードラフォーレ原宿菅田将暉

広告

広告

写真で見るニュース

  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
  • 三越恵比寿店 (c) 123rf
  • 案内ロボット「ゴーカンナ君」(画像: アキュラホーム発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース