国際 RSS

 

4つの乳房を持つ英国女性、自費で5500ユーロの除去手術を受ける

2020年2月19日 17:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 脇の下に「第3、第4の乳房」を持っていた22歳の女性が、5500ユーロ(約65万円)の手術費用を自費で支払って除去手術を行ったという(DailyMail)。

 DailyMailの記事に写真も掲載されているが、通常の乳房と腕の間にもう1組の乳房があるような状態だったという。12歳のころからこの「余分な乳房」が発達するようになり、この女性はそのせいで自殺まで考えたそうだ。彼女は国民健康保険でこの余分な乳房の除去手術を行って欲しいと主張したものの、この除去手術は「美容目的」と判断され、保険の対象外と判断されたため自費での手術になったという。

 スラドのコメントを読む | 英国 | 医療

 関連ストーリー:
厚労省、性別適合手術を医療保険の適用対象にする方針 2017年11月30日
米国小児科学会、包茎手術を支持 2012年08月31日
国内初、性同一障害の12歳男児に対するホルモン剤投与治療 2011年01月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードイギリス

広告

財経アクセスランキング