NY原油:続伸、IMF専務理事の発言などを意識した買いが入る

2020年2月15日 11:34

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:34JST NY原油:続伸、IMF専務理事の発言などを意識した買いが入る
NYMEX原油3月限終値:52.05 ↑0.63

14日のNY原油先物3月限は続伸。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は前日比+0.63ドルの52.05ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは51.32ドル−52.34ドル。国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は14日、「新型コロナウイルスの感染拡大による経済的影響が明らかになった場合、世界各国の政府および中央銀行が協調して対応することを望む」と述べたことや、ドル高が一服したことが材料視されたようだ。《MK》

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース