「和酒フェス」大阪・弁天町で 日本酒100種以上

2020年2月13日 17:32

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 「第2回 和酒フェス@大阪ベイタワー」が、2020年4月11日(土)に大阪・弁天町の大阪ベイタワー・アトリウムにて開催される。

 「和酒フェス」は「季節を感じながら、旬の和酒と食と日本文化を楽しむ」をコンセプトに、季節ごとのテーマに沿って旬の日本酒を厳選し、利き酒を楽しめる利き酒祭り。大阪では、2019年11月に開催された第1回に続いて、2回目の開催となる。

 今回は「令和の春、新酒、吟醸酒、スパークリング酒、awa酒を楽しもう!」をテーマに、全国24酒蔵100種類以上の日本酒が集結。実力派の酒蔵が手がけたプレミアムな日本酒が勢揃いする。2020年に搾ったばかりのフレッシュな新酒や、純米大吟醸、にごり酒といった伝統的な日本酒に加え、スパークリング日本酒、シャンパンのようなawa酒など、従来のイメージを覆す革新的な日本酒なども提供される。

 フードゾーンでは、地元の飲食店や地方の郷土料理店が出店。日本酒に合う酒肴・酒器などをキャッシュオンで提供する。

 また、津軽三味線による生演奏や、「日本酒と健康と美容セミナー」などのイベントも開催。日本酒とともに、日本文化の魅力も楽しむことができる。

【詳細】
第2回 和酒フェス@大阪ベイタワー
開催日時:2020年4月11日(土)
第1部(試飲会) 12:30〜14:45(2時間15分)
第2部(試飲会) 15:30〜17:45(2時間15分) ※各部入替え制
定員:各部 500名(予定)
場所:大阪ベイタワー・アトリウム(2F)
住所:大阪府大阪市港区弁天1-2-4
料金:3,000円+税(前売り制) / 当日券は未定
※公式サイト、PassMarket、Peatixにてチケット販売。
※フードは別料金。

■参加予定酒蔵・銘柄

酒蔵ブース(24蔵)※予定
〈六歌仙(ろっかせん)〉六歌仙・山形県、〈銀嶺月山(ぎんれいがっさん)〉月山酒造・山形県、〈水芭蕉(みずばしょう)〉、永井酒造・群馬県、〈HINEMOS(ひねもす)〉ライスワイン・神奈川県、〈君の井(きみのい)〉君の井酒造・新潟県、〈白川郷(しらかわごう)〉三輪酒造・岐阜県、〈富士錦(ふじにしき)〉富士錦酒造・静岡県、〈鉾杉(ほこすぎ)〉河武醸造・三重県、〈るみ子の酒(るみこのさけ)〉森喜酒造場・三重県、〈道灌(どうかん)〉太田酒造・滋賀県、〈唯々(ただただ)〉竹内酒造・滋賀県、〈片野桜(かたのさくら)〉山野酒造・大阪府、〈千利休(せんのりきゅう)〉堺泉酒造・大阪府、〈笹の滴(ささのしずく)〉鳳鳴酒造・兵庫県、〈龍力(たつりき)〉本田商店・兵庫県、〈沢の鶴(さわのつる)〉沢の鶴・兵庫県、〈福寿(ふくじゅ)〉神戸酒心館・兵庫県、〈梅乃宿(うめのやど)〉梅乃宿酒造・奈良県、〈長龍(ちょうりょう)〉長龍酒造・奈良県、〈千代むすび(ちよむすび)〉千代むすび酒造・鳥取県、〈七冠馬(ななかんば)〉簸上清酒・島根県、〈神雷(しんらい)〉三輪酒造・広島県、〈五橋(ごきょう)〉酒井酒造・山口県、〈花雪(はなゆき)〉河津酒造・熊本県
※参加酒蔵の追加、変更は公式サイトにて発表。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード日本酒和酒フェス

広告