ジーニーがGoogle提供の「AdMob」を活用したアプリメディア収益化支援サービスを開始

2020年2月13日 11:53

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

ジーニー<6562>(東マ)は、Googleが提供するアプリ向け広告マネタイズプラットフォーム「AdMob」を活用したアプリメディア収益化支援サービスを開始したと発表した。

ジーニー<6562>(東マ)は、Googleが提供するアプリ向け広告マネタイズプラットフォーム「AdMob」を活用したアプリメディア収益化支援サービスを開始したと発表した。[写真拡大]

写真の拡大

■更にディベロッパーの状況に応じたプラットフォーム選定と収益化支援が可能

 ジーニー<6562>(東マ)は、Googleが提供するアプリ向け広告マネタイズプラットフォーム「AdMob」を活用したアプリメディア収益化支援サービスを開始したと発表した。

 ジーニーでは、媒体社やアプリ内のユーザー行動に応じた最適な広告フォーマットの設計、メディアの状況に応じた最適な収益化プラットフォームの選定、広告SDKの導入サポート、広告配信開始後の収益最大化運用を実施し、アプリディベロッパーの収益最大化に貢献してきた。

 また、「Google Ad Manager」を活用したディベロッパー向けの広告コンサルティング事業も行っている。

 この度、「AdMob」を活用した収益化支援サービスの提供を開始したことで、更にディベロッパーの状況に応じたプラットフォーム選定と収益化支援が可能になる。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヤマシタヘルスケアホールディングスは反発の動き、20年5月期営業減益予想だが保守的(2019/09/04)
日本エム・ディ・エムは上値試す、20年3月期2Q累計を上方修正して通期も上振れの可能性(2019/09/04)
パイプドHDは上値試す、20年2月期大幅増益・増配予想(2019/09/04)
ピックルスコーポレーションは上値試す、20年2月期2桁増益予想で上振れ余地(2019/09/04)
エスプールは上値試す、19年11月期大幅増収増益予想、さらに上振れの可能性(2019/09/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
  • 三越恵比寿店 (c) 123rf
  • 案内ロボット「ゴーカンナ君」(画像: アキュラホーム発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース