Macに対する脅威がWindowsに対する脅威を初めて上回る Malwarebytes調べ

2020年2月13日 09:17

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 Malwarebytesがサイバーセキュリティ上の脅威に関する現状をまとめた報告書「2020 State of Malware Report」によると、2019年はMacに対する脅威の数が初めてWindowsに対する脅威の数を上回ったそうだ(プレスリリースブログ記事報告書: PDFBetaNews)。

 「脅威」の数はMalwarebytes製品がインストールされたエンドポイントにおける検出件数で、マルウェアのほか、望ましくない可能性のあるプログラム(PUP)やアドウェアも含まれる。Macでの検出件数は2018年比で400%以上増加したそうだが、これはMalwarebytesを使用するMacの増加も影響しているという。ただし、エンドポイントあたりの検出件数も2018年の4.8件から2019年は11.0件と倍以上に増加しており、2019年のWindowsでの検出件数(5.8件)を2倍近く上回るとのこと。

 脅威を種類別にみると、Windowsではアドウェアとトロイの木馬の検出件数が多いのに対し、MacではアドウェアとPUPの検出件数が多い。MalwarebytesではmacOSに組み込まれたセキュリティシステムによるアドウェアやPUPへの対応がマルウェアへの対応と同レベルでは行われず、ボーダーラインのプログラムに侵入を許してしまうためとみているようだ。さらにMacでの検出件数1位のAdware.NewTabと2位のPUP.PCVARKは、Macの脅威として初めて全体の検出件数トップリスト(2位と3位)に入ったとのこと。

 このほか2019年の脅威に関する状況で注目すべき点としては、ビジネス向けエンドポイントでマルウェア検出件数が13%増加したこと(コンシューマー向けでは2%減少)、Androidデバイスにプリインストールされるマルウェアやアドウェアの増加が挙げられている。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | セキュリティ | 統計 | MacOSX

 関連ストーリー:
Microsoft、マルウェア対策ソフト「Defender」を2020年にLinuxでも利用可能にする方針 2019年11月13日
macOS 10.14で導入されたアプリの認証制度、今後認証なしの 「野良アプリ」が実行できなくなる可能性も 2018年10月25日
Mac App Store、不正な処理を行っていたアプリについて通報後も1か月放置 2018年09月13日
北朝鮮の関与が疑われるハッカー集団、WindowsとmacOSの両方をターゲットにしたマルウェアを開発 2018年09月07日
10年以上にわたり、数百万人から情報をこっそり収集していたMac向けマルウェア 2018年01月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAndroidマルウェアセキュリティWindowsMacトロイの木馬

広告

財経アクセスランキング