Windows 10、タスクバーの検索が機能しなくなる問題が一時的に発生

2020年2月9日 17:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

日本時間6日未明から早朝にかけて、Windows 10でタスクバーの検索が機能しなくなる問題が発生していたそうだ(Windows message centerWindows Centralの記事Computerworldの記事Ghacksの記事)。

現象としてはキーワードを入力しても検索パネルに結果が表示されず、黒一色のパネルが表示されるというものだ。エクスプローラーウィンドウの検索ボックスは影響を受けなかったらしい。Microsoftでは一時的なサーバー側の問題が原因であり、太平洋時間5日12時(日本時間6日5時)には解決したと説明している。Redditでは検索機能へのBing使用を無効化したら問題が解決したという報告が相次いでおり、Bingが原因との見方が広がっている。

検索機能でのBing使用を無効にする方法としては、レジストリの「HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Search」で2つのDWORD値「CortanaConsent」「BingSearchEnabled」(なければ作成する)の値のデータを「0」にすればいい。あとは詳細表示にしたタスクマネージャーの「プロセス」タブでバックグラウンドプロセスの「検索」を終了(プロセスはすぐに再起動する)すれば変更が反映される。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | バグ | インターネット | Windows | IT

 関連ストーリー:
Microsoft Teams、証明書の期限切れで一時利用できなくなる 2020年02月07日
Windows 7の壁紙が黒くなる問題、全ユーザーに対し修正パッチを提供へ 2020年01月28日
Office 365 ProPlus新バージョン、一部の国でGoogle Chromeの検索エンジンをBingに変更 2020年01月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10CortanaBing

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
 

広告

ピックアップ 注目ニュース