CRIミドルウェアの音声再生ミドルウェアが最新の介護トレーニング機器に採用される

2020年2月9日 08:52

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■動作中の説明やエラー時のメッセージなどをサウンドや音声で知らせる

 CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)は2月7日、同社の音声出力技術「D-Amp Driver(ダンプドライバー)」が、低周波治療器などを開発・販売する医療機器メーカーの株式会社ホーマーイオン研究所(東京都渋谷区)の介護トレーニング用EMS(電気的筋肉運動)機器「パルスケア」に採用されたと発表した。

「D-Amp Driver(ダンプドライバー)」は、組み込みマイコンのポート出力信号(ON/OFF)のみで、高品質なサウンド再生を実現するミドルウェア。少ない容量・簡単な回路構成で綺麗なサウンドと長尺の音声が流せる。

 一方、「パルスケア」は、さまざまな介護施設で筋肉トレーニングとして使用されている介護トレーニング用EMS機器の最新製品で、この2月12日に発売開始となる。ダンプドライバーによって、機器動作中の使用説明や、通電開始/終了時/エラー時等のメッセージをサウンドや音声で知らせる機能が格段に広がった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヤマシタヘルスケアホールディングスは反発の動き、20年5月期営業減益予想だが保守的(2019/09/04)
日本エム・ディ・エムは上値試す、20年3月期2Q累計を上方修正して通期も上振れの可能性(2019/09/04)
パイプドHDは上値試す、20年2月期大幅増益・増配予想(2019/09/04)
ピックルスコーポレーションは上値試す、20年2月期2桁増益予想で上振れ余地(2019/09/04)
エスプールは上値試す、19年11月期大幅増収増益予想、さらに上振れの可能性(2019/09/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告