Google Chrome、検索時にアドレスバー内に検索キーワード表示のテスト

2020年2月6日 08:24

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 GoogleはChromeブラウザから検索を実行する際に、アドレスバーに表示されているURLを検索クエリに置き換えて表示する機能をテストしはじめた。この実験的な機能は「Query in Omnibox」と呼ばれ、Chrome 71以降のGoogle Chromeに搭載されている。ただしデフォルトでは無効化されている。

 この機能では検索を実行するとアドレスバーにはURLではなく、検索した文字列そのものが表示される。アドレスバーにある文字をコピーした場合、検索に入力した文字がコピーされる。URLを共有するなどの理由でURLにアクセスしたい場合、アドレスバーを右クリックして「URLを表示」を選択する必要がある。

 なお、BleepingComputerによるテストによると、この機能はGoogle検索でのみ影響し、他の検索エンジンには影響しないとしている。GoogleはURLという概念を無くす方向を志向しているとされ、今回の変更もその一環である可能性がある(BleepingComputerSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Chrome | インターネット

 関連ストーリー:
HTTPSやEV証明書を使っているのは「信頼できるサイト」なのか 2019年11月11日
モバイル版Chromeに偽アドレスバーを表示するフィッシング手法 2019年05月02日
URLに変わる新しい仕組みを模索するGoogle Chrome開発者ら 2018年09月11日
EV証明書を使用して既知の企業になりすませる可能性が指摘される 2017年12月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleChrome

広告