ホンダ、最短1カ月の定額モビリティサービス「Honda Monthly Owner」開始

2020年1月30日 08:26

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

最短1カ月から利用できる新たな月極定額モビリティサービス「Honda Monthly Owner」を2020年1月28日から中古車で開始する

最短1カ月から利用できる新たな月極定額モビリティサービス「Honda Monthly Owner」を2020年1月28日から中古車で開始する[写真拡大]

写真の拡大

 ホンダは、自動車税やメンテナンス費用、自動車保険料などをワンパックとする最短1カ月から利用できる新たな月極定額モビリティサービス「Honda Monthly Owner(ホンダ マンスリー オーナー)」を2020年1月28日から、まずは中古車で開始すると発表した。

 Honda Monthly Ownerは、クルマ所有する愉しさと利用の気軽さを両立した、最短1カ月から最長11カ月までユーザーの好みに応じた期間、ホンダ車を利用ができるサービスだ。国内自動車メーカー初となる月極定額利用が可能なモビリティサービスとなる。利用手続きは、スマートフォンやパソコンから気軽に予約ができ、初回のみ販売店に来店して利用が可能となる。

 また、ホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」をはじめとした先進装備を多数搭載した車両や、車いすを利用者の移動をサポートする「車いす仕様車」など、充実した中古車ラインアップから選択可能だ。

 月額利用料金は、税金やメンテナンス費用、自動車保険料などがすべて含んでで2万9800円(消費税込み)からの設定で、燃料代と駐車場代(既に駐車場を所有している場合は不要)の追加で利用できる。

 支払いはクレジットカードを使用するため、従来のローンやリース契約時の時間のかかる契約書記入や審査は無い。

 また、車両とセットで貸し出し可能な多彩なオプションを設定し、ホンダ車ライフが愉しめる充実したオプション製品を順次設定、拡充していくという。

 Honda Monthly Ownerは当面、埼玉県内のHonda認定中古車販売店「U-Select(ユーセレクト)城北」でサービスを開始し、今後、本サービス展開を順次拡大していく予定だ。

 利用するには、専用ホームページより、利用に向けた予約手続きを実施、郵送にて必要書類の手続きを完了し、店頭にて車両受取/返却する。

 利用できる車種は、以下の5車種の中古車より展開開始する。N-BOX、FIT HYBRID、FREED HYBRID、VEZEL HYBRID、N-BOX車いす仕様車で、2020年4月よりS660も対象車種に追加する予定だ。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
フォルクスワーゲン・グループ、2019年の販売台数過去最高を記録
トヨタ、満を持して「空飛ぶクルマ」の開発に着手、米Joby Aviation社と協業
世界最大のカーエレクトロニクスの祭典。世界初の給電タイヤなど未来を超えた未来の技術

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード本田技研工業N-BOXHonda SENSING

関連記事

広告

財経アクセスランキング