Windows 10バージョン1909、「更新プログラムのチェック」クリックしたユーザー全員に提供開始

2020年1月25日 21:39

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Microsoftは21日、Windows Updateで「更新プログラムのチェック」をクリックしたWindows 10ユーザー全員に対するWindows 10 バージョン1909(November 2019 Update)の提供開始を発表した(Windows 10 リリース情報Softpediaの記事Neowinの記事On MSFTの記事)。

これまではバージョン1903(May 2019 Update)を実行するPCのみ「更新プログラムのチェック」をクリックしたユーザー全員に提供されていたが、今後はバージョンを問わずに提供されることになる。また、Home/Proエディションのバージョン1809(October 2018 Update)に対しては、12月上旬から自動更新による段階的な提供が開始されており、今後は次の段階として対象の台数を拡大するとのことだ。なお、バージョン1909の既知の問題点としては、Avast/AVGのアンチウイルス製品の古いバージョン(19.5.4444.567まで)に対する互換性の問題のみとなっている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | アップグレード | Windows | IT

 関連ストーリー:
Windows 10 バージョン1909、バージョン1809を実行するPCへの自動更新による提供を徐々に開始 2019年12月07日
Microsoft、今後のWindows 10機能アップデートで19H2と同様にダウンロードサイズを縮小するかどうかは未定 2019年11月27日
Windows 10 November 2019 Update、オプションの更新プログラムとして一般提供開始 2019年11月16日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 10AvastAVGWindows Update

広告