Windows 7、最後の更新プログラム適用で壁紙が黒一色になったとの報告

2020年1月24日 08:46

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 一部のWindows 7環境で延長サポート最後の更新プログラム(KB4534310KB4534314)を適用後、壁紙が黒一色に置き換えられたという報告が出ている(RedditのスレッドMSPoweruserThe Register)。

 Redditでの報告によれば、新たに壁紙を設定しても黒一色のまま変わらないという。3台のWindows 7マシンのうち1台でのみ発生したという報告がある一方、ドメインに参加し、有料セキュリティアップデート(ESU)を購入しているうえ、グループポリシーで企業ロゴの壁紙に固定している会社のWindows 7マシンすべてで発生したという報告もみられる。The Registerの読者からも壁紙をグループポリシーで指定した組織のWindows 7マシンで発生したという報告があったとのこと。

 RedditではWindows 10をバージョン1903から1909にアップデートしたら壁紙が消えたとの報告も出ているが、同じ問題なのかどうかは不明だ。なお、復元方法としては更新プログラムを削除するほか、「Windows 7 Aero」テーマを選択すれば壁紙が選択できるようになるとの報告や、画像のサイズによって異なるといった報告が出ている。

 現在、手元にWindows 7環境がないため確認できないが、スラド読者の皆さんは同様の現象を目にしただろうか。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | グラフィック | idle | Windows

 関連ストーリー:
オーストラリア政府、Windows 7/Server 2008/2008 R2の有料セキュリティアップデートに870万豪ドル以上を支払う 2020年01月20日
Windows 7のサポート終了でユーザー増を期待するLinuxディストロメーカー 2020年01月18日
Windows 7のサポートが本日で終了 2020年01月14日
Windows 7、1月14日以降はサポート終了メッセージが全画面表示に 2019年12月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードセキュリティWindowsWindows 10Windows 7

広告