東芝ITサービスで架空取引による売り上げ偽装

2020年1月22日 07:42

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 東芝傘下の東芝ITサービスで、架空の取引を行うことで虚偽の売り上げを作っていた疑惑が出ている(ITmediaNHK日経新聞)。

 2019年4~9月期で架空取引が疑われている売り上げは約200億円規模とのこと。東芝の2019年4~9月期の売り上げの大半がこの架空取引によるものの可能性があるという。なお、同社の2019年3月期の売り上げは440億円。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス

 関連ストーリー:
東芝メモリ、社名を「キオクシア」に変更へ 2019年07月22日
東芝、エネルギー部門を縮小。5年間で約7000人の削減へ 2018年11月09日
東芝で不正会計が新たに発覚、赤字工事を隠蔽 2017年12月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東芝

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • エクリプスクロスPHEV(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • スズキ・クロスビー「HYBRID MZ」(画像:スズキの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース