ヘロン・プレストン、2020-21年秋冬コレクション まるで”歩くバッグ”機能的ウェア

2020年1月21日 07:50

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ヘロン・プレストン(HERON PRESTON)の2020-21年秋冬コレクションが、フランス・パリで2020年1月16日(木)に発表された。


■”歩くバッグ”のような機能的ウェア

 ダウンジャケットやコーチジャケット、ボアブルゾンなどカジュアルなアウターウェアを筆頭に、今季はテーラードジャケットなどフォーマルピースも含めて、トップス、ボトムスともに多面的に機能面をアプローチ。

 身幅をたっぷりととったボクシーなシルエットのアウターや、ゆったりとしたサイジングのワイドパンツなどをキャンバスに、さまざまなフォルムのポケットをあしらって、まるで”歩くバッグ”のようなユニークなピースを完成させている。

 止水リボンでフラットに仕上げたポケットは、ボディに自然になじんで洗練された印象を作る。反して、ボトムスの腰回りにコロコロと並んだ立体感なポーチたちは、ウエストポーチのように収納力に富んでいる。


 パンツに配したポケットも、カーゴパンツのようなサイド位置から足首の辺りまで落ちることで、フレッシュなデザインへと昇華する。

■ポップなパッチをアクセントに

 レッド&イエローのペンシルタッチのモチーフや、鳥プリントなど、アイコニックな色柄は交えつつも、全体的に落ち着いた印象だ。そのため、ブランドを象徴するオレンジタグや、WORK WEARのロゴ、工事現場の帽子をかぶった少年のフォトプリントなど、遊び心あふれるポップなパッチが映えてくる。


■ボディコンシャスなレディースドレス

 反してウィメンズモデルは、ボディコンシャスなデザインが多用され、女性らしさを存分に楽しんでいる印象だ。マーメイドグリーンの光沢ミニワンピースは、ボディラインを露わにし、スリットからちらちらと色っぽく肌をのぞかせている。

 タートルニットのロングスリーブトップスも、迷彩柄のベアドレスとコンバインさせて色っぽく。スナップボタンで遊びを効かせたパンツスーツもしっかりと腰回りを絞り、セットアップできたレザーシャツとパンツもぴたりと肌に密着して、ボディシルエットを露わにしている。


 ユニークだったのは、長靴のようなボリューミーなラバーブーツ。ブランドを象徴するオレンジカラーのフットウェアが登場している。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードパリ2020年秋冬コレクション

広告