東急、交通・映画・食事が一体となったサブスク 乗り放題に観放題と食べ放題

2020年1月17日 08:06

小

中

大

印刷

サブスクパス券面のイメージ。(画像: 東急の発表資料より)

サブスクパス券面のイメージ。(画像: 東急の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 東急や東急電鉄などからなる東急グループは15日、交通・映画・食事が一体となったサブスクリプションサービスの実証実験を、3月1日(日)から開始することを発表した。

【こちらも】ついに飲食店も! サブスクリプションが定番化? 新規ビジネスに活用も

 「東急線・東急バス サブスクパス」と呼ばれるチケットを利用することで、東急線全線と一部を除く東急バス全線が乗り放題になるほか、映画や食事など3種類の定額サービスの中から1つ以上を選択して組み合わせることができる。対象期間は3月から5月で、有効期限は1カ月。記名の本人のみ使用できる。

 「サブスクパス」の基本となるのは、東急線と東急バスが1カ月間乗り放題となるサービスで、そこに映画・食事・交通に関わるサービスから1つ以上を自由に組み合わせる。具体的なサービスの内容は、「109シネマズ」で映画が見放題となるパス、「しぶそば」で1日1回かけそば又はもりそばを食べることができるパス、そして専用電動自転車と駐輪場が貸与されるサービスの3種類。このすべてを組み合わせることも可能だ。

 「サブスクパス」の金額は、サービスの組み合わせによって異なる。3つのサービスをすべて利用する場合の販売価格は3万6,500円(価格はいずれも税込)で、1日あたり約1,220円となる計算。映画パスを組み合わせると3万円となるほか、食事パスを組み合わせた場合は2万3,500円。なお、東急線と東急バスが1日乗り放題となるパスは通常大人1,000円で発売されており、これと比べれば「サブスクパス」のお得感は強い。

 申込期間は3つの時期に分かれ、申し込んだタイミングによってチケットの有効期間が異なる。最も早いのは1月16日から2月9日で、この期間に申し込むと3月に有効となるチケットを購入できる。4月に有効となるチケットは2月10日から3月8日、5月に有効となるチケットは3月9日から4月12日の受付となる。

 1月16日から申込開始となるのは、「109シネマズ」と「しぶそば」の組み合わせのみで、電動自転車のサービスは2月10日からのみ申し込みが可能だ。

 製品やサービスを定額で利用できるサブスクリプション形式のサービスは近年人気で、動画の視聴や衣服のレンタルなど様々な分野に浸透している。

 交通と生活サービスを組み合わせたサブスクリプションサービスはまだ珍しく、東急グループは今回の実証実験によりデータを獲得して今後のサービス拡大につなげる狙いだ。交通を基軸にしつつ、デジタル基盤での複合的なプラットフォームの本格導入を検討するとしている。(記事:万嶋せら・記事一覧を見る

関連キーワード東急電鉄サブスクリプション

広告

広告

写真で見るニュース

  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
 

広告

ピックアップ 注目ニュース