リソルホールディングス 「リソル生命の森」がスポーツ庁の認定を2つ取得

2020年1月16日 17:03

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*17:03JST リソルホールディングス---「リソル生命の森」がスポーツ庁の認定を2つ取得
リソルホールディングス<5261>は15日、同社グループ「リソル生命の森」がスポーツ庁の実施する認定制度「スポーツエールカンパニー」と「Sport in Lifeプロジェクト」参画団体の認定を取得したと発表した。

「スポーツエールカンパニー認定制度」は、スポーツに対する社会的機運の醸成を図ることを目的としてスポーツ庁が2017年度から実施しているもので、従業員の健康増進のためにスポーツの実施に向けた積極的な取り組みを行っている企業を対象に認定している。

また、「Sport in Lifeプロジェクト」は、スポーツを行うことが生活習慣の一部となり、一人でも多くの方がスポーツに親しむ社会を実現し、健康で活力ある社会を実現していくために、スポーツ庁が2020年東京オリンピック・パラリンピック大会のレガシーとして国民のスポーツ参画を促進するプロジェクトで、その趣旨に賛同し、社員のスポーツ参画の環境づくりを進める企業を認定している。

同社グループでは、顧客のスマイルにつながる様々なサービスを提供するとともに、従業員自身も「スマイル」の実践を心がけ、心身ともに健康で幸せな毎日が過ごせるよう、グループ全体でスポーツ参画に取り組んでいる。《SF》

広告

財経アクセスランキング