サニーサイドアップは「ゴーン会見を助けた一部上場カリスマ女性社長」などで注目され後場次第高

2020年1月16日 13:00

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■週刊文春、週刊新潮の記事で話題になり最高益など改めて注目される

 サニーサイドアップ<2180>(東1)は1月16日の後場、取引開始から次第高となり、12時40分過ぎには1125円(24円高)の現在高(本日この時間までの高値)に進んだ。週刊誌の記事で話題になり、最高益基調の好業績が改めて注目されたとの見方が出ている。

 市場関係者の間で、日本を脱出したカルロス・ゴーン氏を巡り、この日発売の週刊新潮に載った「逃亡劇に浮上した大手芸能プロ、中田英寿PR会社」と題する記事のPR会社は同社だとされている。また、やはり同日発売の週刊文春「ゴーン会見を助けた一部上場カリスマ女性社長」は同社の次原悦子社長だとの見方が出ている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事