ログリー再び急伸、「cookie(クッキー)」を用いない解析技術に注目集まる

2020年1月16日 10:53

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■個人情報保護でグーグルが閲覧データの提供とりやめと伝わり追い風の見方

 ログリー<6579>(東マ)は1月16日、9時20分頃にストップ高の2820円(500円高)で売買されたまま10時30分にかけてストップ高買い気配に貼りついている。

 同社は、「cookie(クッキー)」(閲覧履歴ユーザー情報)を用いないでユーザー属性やデジタル行動などの分析・推定を行う技術で特許を保有するとされる。16日は、個人情報保護の観点から「ネット利用者の閲覧データ、グーグル、提供とりやめ」(日本経済新聞2020年1月16日付朝刊)と伝えられ、ターゲティング広告などで現在主流とされる「cookie(クッキー)」によるデータ解析広告には逆風との見方が出ている一方、ログリーには追い風到来との見方が出ている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング