国際 RSS

 

クリスマスミサ禁止に抗議の男性、起訴される インドネシア

2020年1月15日 17:06

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 インドネシアで、Facebookにクリスマスミサ禁止に対する抗議を投稿したことがヘイトスピーチに当たるとして男性が起訴されたという(AFP)。

 インドネシアの西スマトラ州ナガリシカバウ県ではイスラム教が多数派を占めていることから、「イスラム教とは関係のない宗教儀式を行なってはならない」という取り決めがあり、教会以外でのクリスマスミサが禁止されたという。男性はFacebookでこれに抗議する投稿を行ったところ、投稿が広く拡散されて政府が地元当局にクリスマスミサを許可するよう命じたとのことだが、男性は地元住民から通報されてヘイトスピーチ流布で起訴されたという、笑えない話である。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 検閲 | ニュース | Facebook | SNS

 関連ストーリー:
中国、小学生向けの国語教科書から神の存在を示す表現などを削除 2019年07月08日
リトアニアの空港、乗客から没収した機内持ち込み禁止物品でクリスマスツリーを作る 2019年12月15日
英スーパーマーケットチェーンのクリスマス向けテレビCM、政治的だとして放送禁止に 2018年11月15日
Visual Studio Codeの「サンタ帽アイコン」に対し宗教的な抗議、その対応で炎上 2019年12月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードインドネシアクリスマス

広告

財経アクセスランキング

広告