(中国)上海総合指数は0.12%安でスタート、米中の対中関税の維持観測が足かせ

2020年1月15日 10:43

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:43JST (中国)上海総合指数は0.12%安でスタート、米中の対中関税の維持観測が足かせ
15日の上海総合指数は売り先行。前日比0.12%安の3103.18ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時38分現在、0.01%安の3106.60ptで推移している。米国の対中関税の維持観測などを受け、中国株への売り圧力が強まっている。一方、中国貿易の持ち直しなどが指数をサポートしている。《AN》

広告

広告

写真で見るニュース

  • レーシングマシン走行(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 開会式用公式服装姿を披露するアスリートたち
  • 画像はイメージです。
  • リサイクルペットボトルによる720mlペットボトル商品。(写真:サントリーグループ発表資料より)
  • ネイティブキャンプ英会話のイメージ。(画像: ネイティブキャンプの発表資料より)
  • 718 ボクスター GTS 4.0(画像: ポルシェの発表資料より)
  • 新型名阪特急「ひのとり」。(画像: KNT-CTホールディングスの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース