欧州為替:ドル・円は底堅い、米長期金利の下げ渋りで

2020年1月14日 19:16

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*19:16JST 欧州為替:ドル・円は底堅い、米長期金利の下げ渋りで


欧州市場でドル・円は底堅い値動きとなり、110円台を回復。米10年債利回りが下げ渋り、ドルの買戻しが進んだ。一方、欧州株や米株式先物は引き続き軟調地合いで、株安を嫌気した円買いに振れやすい。ただ、米中合意署名への期待感を背景としたリスクオンのムードが円買いを弱めている。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円88銭から110円05銭、ユーロ・円は122円38銭から122円57銭、ユーロ・ドルは1.1130ドルから1.1144ドル。《TY》

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
 

広告

ピックアップ 注目ニュース