東京オリンピック・パラリンピック、観客誘導でコミケを参考に

2020年1月7日 09:10

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 東京オリンピック・パラリンピック開催時、東京の臨海部では1日辺り15万人以上の人出が予想されるという。そのため、大会組織委員会はコミックマーケット(コミケ)の運営も参考にするという(NHK)。

 これに対し、来場者も「客」ではなく参加者という意識があるコミケと、明確に運営と客が別れているオリンピックとでは比較できない、といった声も出ている(Togetterまとめ)。

 スラドのコメントを読む | 日本 | アニメ・マンガ | スポーツ

 関連ストーリー:
Airbnbが五輪公式スポンサーに、批判も 2019年11月20日
東京五輪の暑さ対策として人工降雪が検討される 2019年09月05日
IOC、東京五輪は高温高湿度環境下で行われるとして選手に対策を求める 2019年08月23日
東京五輪・オープンウォータースイミングおよびトライアスロン会場の水質に懸念 2019年08月14日
会場が変わったコミケC96、誘導ミスで混乱発生 2019年08月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東京オリンピックコミックマーケット

関連記事

広告

財経アクセスランキング