ソフトバンクが端末購入時の新サービス「トクするサポート+」を発表

2019年12月27日 09:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 ソフトバンクが12月25日、新プログラム「トクするサポート+」を発表したケータイWatchITmedia)。

 48回払いで携帯電話・スマートフォンを購入した人が対象のサービスで、購入から25か月目以降に買い換えを行う際に残債が免除になるというものだが、既存のサービスと何が違うのかがよく分からず。2年後に指定端末に買い換えると半額分の残債がなくなる、指定機種以外の買い換えだとポイントがもらえる、ということ?

 現在提供されている「トクするサポート」では毎月390円のプログラム料が必要だが、「トクするサポート+」ではこれが不要。また、購入から25か月後に残債を残したまま端末を返却し、ポイントの還元などを受けられる選択ができるという。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | ビジネス | 携帯電話

 関連ストーリー:
ソフトバンク、携帯電話契約の2年縛りを廃止 2019年09月07日
総務省の新たなSIMロック解除義務付け方針を受け、ソフトバンクとKDDIが端末のSIMロック解除ルールを変更 2019年10月02日
ソフトバンク、自社回線ユーザー以外にも端末を売ることで「端末割引きの2万円上限」を回避へ 2019年09月10日
ソフトバンク、端末の「半額サポート」を終了へ 2019年08月06日
KDDIもソフトバンクと同じ手法で「端末割引きの2万円上限」を回避へ 2019年09月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソフトバンク

広告

財経アクセスランキング