Amazon・Apple・Google、スマートホーム製品向けの統一規格を開発へ

2019年12月23日 22:11

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 Amazon.comとApple、GoogleがIoT関連の仕様を制定するZigbee Allianceと共同で、スマートホーム機器のための統一規格を開発するという(AV WatchBloombergSlashdot)。

 3社はそれぞれ独自にスマートスピーカーなどのIoTデバイスを開発・発売しているが、製品間での互換性はなく、これらデバイスと連携するデバイスをサードパーティが開発する場合、それぞれに対応を行う必要があった。規格開発によって、3社の製品における互換性向上が期待できる。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | アップル | IT

 関連ストーリー:
レーザーでスマートスピーカーを遠隔操作する攻撃手法 2019年11月06日
AppleのHomePod、日本でもようやく発売へ 2019年07月11日
ソニー、IoT向け通信規格「ELTRES」に対応する通信モジュールを発表 2019年06月03日
Bluetoothの無線信号を無線LANデバイスで受信できるという技術が開発される 2016年08月24日
Philipsのスマート照明システム、サードパーティーの電球排除を取りやめ 2015年12月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAppleAmazonIoT(Internet of Things)

広告