auポイントをポンタに統合 KDDIとローソンが提携を発表

2019年12月17日 17:54

小

中

大

印刷

「ポンタ」を介した新サービスの展開に向け提携を発表したKDDIとローソン(画像:KDDIの発表資料より

「ポンタ」を介した新サービスの展開に向け提携を発表したKDDIとローソン(画像:KDDIの発表資料より [写真拡大]

写真の拡大

 KDDI(東京都千代田区)とローソン(東京都品川区)、ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティマーケティング(LM、東京都渋谷区)は16日、共同で新たなサービスを展開すると発表した。KDDIが発行していたauWALLETポイントを今後ポンタに統一し、auIDとポンタ会員IDを連携。これにより、ポンタは会員数延べ1億人を超える国内最大級のポイントサービスとなる。

 KDDIなどの発表によると、KDDIは三菱商事を通じてLMの発行済み株式の20%を取得。また、今後ローソンの発行済み株式の2.1%を市場買い付けで取得するという。三菱商事はローソンの親会社で、3社の新サービス展開に貢献する。

 auとポンタのポイントを統一し、IDを連携するのは2020年5月以降とする。ポンタアプリにKDDIのスマホ決済サービス「auPAY」機能を追加するとともに、auWALLETアプリで「デジタルPonta」機能を使えるようにする。これによって、ポンタサービスは会員基盤1億超、モバイル口座2200万超、年間ポイント付与額2000億円超となり、国内最大級規模のポイントサービスとなる。

 auPAYとポンタの加盟店は170万カ所を超え、決済やポイント蓄積の利便性向上を図ることで利用を促進する。

 さらにKDDIとローソンは、KDDIの第5世代移動通信システム(5G)やロボティクスなど先端技術と、ローソンの約1万4600店舗を組み合わせ、データの活用や金融サービスを含む「次世代型コンビニサービス」を展開する。

 具体的にはコンビニ利用者向けのサブスクリプションサービスや、5Gやロボティクスを使ったモバイルオーダーや無人受取機サービスを開発。また、データを活用した集客力の強化を図り、先端技術による在庫管理などで店舗運営を効率化するという。

 KDDIら4社は「ネットとリアルを融合し、快適で利便性、持続性の高い新たな消費体験の創造に向けて取り組んでいく」としている。

関連キーワードローソンKDDIPonta三菱商事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
  • 新型フィット・e:HEV HOME(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース