渋谷パルコでグループ展「ワンダーラスト」蜷川実花やリトゥン山縣良和ら新作&未発表作品

2019年12月15日 20:53

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 渋谷パルコ内「パルコミュージアムトーキョー(PARCO MUSEUM TOKYO)」にて、グループ展「ワンダーラスト(Wanderlust)」が、2019年12月20日(金)から2020年1月6日(月)まで開催される。

■国内外を代表するアーティストのグループ展

 「ワンダーラスト」は、大友克洋による『AKIRA』の展覧会「AKIRA ART OF WALL Katsuhiro Otomo × Kosuke Kawamura AKIRA ART EXHIBITION」に続くオープニング企画第2弾。世界の第一線で活躍する国内外のアーティスト12組が参加し、新作や国内未発表作品などを公開する

 タイトルに掲げた“Wanderlust”とは、旅行熱や旅立ちへの衝動、あるいは放浪癖といった意味をもつ言葉。渋谷パルコの新たなスタートに掛けて、“未来を恐れず新たなスタートを切る”というメッセージを込めた。

 参加アーティストには、映画『Diner ダイナー』の監督を務め、東京2020五輪の公式アートポスター制作も手掛ける蜷川実花、カラフルなサイケデリックアートで知られる田名網敬一、写真家のヴィヴィアン・サッセンやアートディレクターのテセウス・チャンらが名を連ねる。

 またファッション界からは、アンリアレイジ(ANREALAGE)デザイナーの森永邦彦や、リトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)の山縣良和らが参加。さらに、グラフィックから映像、文筆まで手掛ける宇川直宏や、ラッパー/ミュージシャンの枠を超えたアーティスト活動を続ける「KOHH」こと千葉雄喜などジャンルに囚われず活躍するアーティストも加えて、“Wanderlust”な世界観を繰り広げる。

■第3弾〜第5弾企画も発表

 「ワンダーラスト」に続くオープニング企画も続々と発表。第3弾として、世界的エンジニア集団「Rhizomatiks」が、テクノポップユニットPerfumeとともに作りあげてきた舞台演出に迫る企画展「Rhizomatiks inspired by Perfume 2020」を、また第4弾として写真家・奥山由之とフラワークリイエイター篠崎恵美(エデンワークス)による企画展「flowers」を開催する。さらに約7年ぶりとなる「レゴブロックで作った世界遺産展 」が第5弾として予定されている。

■展覧会概要

 グループ展「ワンダーラスト」
期間:2019年12月20日(金)~2020年1月6日(月) ※2020年1月1日(水)は休館
時間:10:00〜21:00(最終日は18:00閉場 ) ※入場は閉場の30分前まで
場所:渋谷パルコ 4F パルコミュージアムトーキョー
住所:東京都渋谷区宇田川町15-1
入場料:一般 500円、学生 300円、小学生以下 無料 ※各種入場割引あり

■オープニング企画展

・第3弾「Rhizomatiks inspired by Perfume 2020」
会期:2020年1月11日(土)〜1月27日(月)
場所:渋谷パルコ 4F パルコミュージアムトーキョー
入場料:あり
・第4弾「奥山由之×edenworksExhibition “flowers”」
会期:2020年1月31日(金)〜2月16日(日)
場所:渋谷パルコ 4F パルコミュージアムトーキョー
入場料:あり
・第5弾「“PIECE OF PEACE「レゴブロック」で作った世界遺産展 PART-4”」
会期:2020年2月22日(土)〜3月15日(日)
場所:渋谷パルコ 4F パルコミュージアムトーキョー、池袋パルコ 本館7F パルコ ファクトリー
入場料:あり

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードパルコミュージアム蜷川実花池袋パルコ奥山由之田名網敬一渋谷パルコ

広告

広告

写真で見るニュース

  • (画像: NTTドコモの発表資料より)
  • 「GLC350e 4MATICクーペ」(画像: メルセデス・ベンツ日本)
  • ホンダ・オデッセイ用のリアガーニッシュ(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース