NY原油:上昇、対中追加関税の発動回避を好感した買いが入る

2019年12月14日 10:24

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:24JST NY原油:上昇、対中追加関税の発動回避を好感した買いが入る
NYMEX原油1月限終値:60.07 ↑0.89


13日のNY原油先物1月限は上昇。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物1月限は前日比+0.89ドルの60.07ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは59.27ドル−60.48ドル。トランプ米大統領はこの日、米国と中国は通商協議の第1段階の通商合意に到達し、今月15日に予定されていた対中追加関税の発動は回避された。原油需要の減少に対する警戒感は消えたことから、短期筋などの買いが活発となった。《MK》

関連記事