NGINXの所有者を巡る争い、NGINXオフィスに強制捜査が入る事態に

2019年12月14日 09:51

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 12月12日、オープンソースのWebサーバー「NGINX」を開発するロシア・NGINX社にロシア警察の強制捜査が入ったという(ZDNetGIGAZINESlashdot)。

 NGINXの創業者はロシア人だが、現在は米F5 Networkの傘下となっている。NGINXに対してはロシアで検索事業などを手がけるRamblerグループか知的財産権侵害の申立が行われている。Ramblerによると、NGINXを開発したIgor Sysoev氏はかつてRamblerで働いており、その時にNGINXの開発を行っていたことからNGINXの権利はRamblerが所有していると主張しているようだ。いっぽうSysoev氏はRambler社で働きながらNGINXを作ったことは認めているが、業務とは関係なく余暇の時間に作っていたとしている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | ソフトウェア | 著作権

 関連ストーリー:
/.Jに聞け:業務で必要な知識技術の習得、どこまで自費でどこから会社が持つべき? 2014年01月31日
オープンソースソフトウェア、仕事で開発するプロダクトに使ってる? 2010年02月20日
VAリナックス、オープンソースとの関わり方を明文化 2005年02月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロシアオープンソース