札幌地裁、Googleに対し逮捕歴の検索結果削除を命じる

2019年12月14日 09:55

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 2012年に逮捕されたものの、その後嫌疑不十分で不起訴になった男性が、Googleに対しその報道記事を検索結果から削除するよう求めていた裁判で、札幌地裁がGoogleに対し削除を命じる判決を下した(読売新聞毎日新聞)。

 こういった逮捕歴に関する検索結果については、今年10月にもTwitterに対し削除を命じる判決が出ていた(朝日新聞)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Google | ニュース | プライバシ

 関連ストーリー:
文科省、教員処分歴の全国での共有を目指す 2017年09月02日
児童買春で逮捕された男性がその報道記事をGoogle検索結果から削除するよう求めた裁判、削除が認められる 2015年07月03日
大阪高裁、グーグルジャパンには米法人が管理するGoogleの検索結果への責任はないとする一審判決を支持 2015年06月06日
宮城県、性犯罪前科者の行動監視条例も検討 2011年01月23日
若かりし頃の汚点を消すには? 2009年12月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードTwitterGoogle札幌裁判