「シュルレアリスムと絵画 ―ダリ、エルンストと日本の『シュール』」ポーラ美術館で

2019年12月13日 18:51

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 「シュルレアリスムと絵画 ―ダリ、エルンストと日本の『シュール』」が、2019年12月15日(日)から2020年4月5日(日)まで、神奈川・箱根のポーラ美術館にて開催される。

■シュルレアリスムの変遷と拡大を辿る約100点

 シュルレアリスム誕生から100年が経つ2019年。フランスで誕生したシュルレアリスムは、理性を中心とした意識では捉えきれない新しい現実を表現することを目指して始った、20世紀の芸術に最も大きな影響を及ぼした運動の1つだ。

「シュルレアリスムと絵画 ―ダリ、エルンストと日本の『シュール』」では、この100年間で変化を遂げたシュルレアリスムの展開と、フランスから日本、アメリカ、アジアにいたるまでのシュルレアリスムの広がりを約100点の絵画、版画を通じて辿っていく。サルバドール・ダリ、マックス・エルンスト、古賀春江、三岸好太郎、瑛九、吉原治良など多岐にわたる作家の作品が登場する。

■詩・思想から絵画へ

 元々は、フランスの詩人アンドレ・ブルトンが中心となってを推し進められたシュルレアリスム。理性を中心とする近代的な考え方を批判し、精神分析学の影響を受けて理性の支配の及ばない“無意識の世界”に「超現実」を求める前衛的な詩作を繰り広げ、1924年に「シュルレアリスム宣言」を発表した。

■ダリも独自の理論を展開

 そこから、ドイツ出身の画家、マックス・エルンストによる実験的な作品に美しさを見出すなど、 シュルレアリスムは詩や思想だけではなく絵画の分野にも拡大。スペインからシュルレアリスム運動に加わったサルバドール・ダリは、「偏執狂的=批判的」方法という独自の理論にもとづいて絵画を制作し、美術のみならずファッション界をも巻き込む大きな流行を作り出す。

■日本の「超現実主義」と「シュール」

 こうした動向は同時代の日本にも伝えられ、1930年代を通して「超現実主義」という訳語のもと、最新の前衛美術のスタイルとして一大旋風を巻き起こした。しかし、日本では次第に「無意識の探究」という本来の目的を離れ、現実離れした奇抜で幻想的な芸術として受容されるようになる。徐々に東洋的な思想と混ざり合いながら、独自の絵画表現や「シュール」という感覚が生み出されていった。

■併設レストランでは特別メニューも

 また本展に合わせて、併設レストラン「アレイ」では特別コースメニュー「スペインの風」を提供。ダリの故郷であるスペインの郷土料理をアレンジした、風味豊かなメニューが揃う。

 前菜には魚介のスープとパスタを使ったパエリアを用意。メインディッシュのイベリコ豚のローストには、いんげん豆のピュレを添えた。そしてデザートには、スペイン風クリームブリュレ「クレマ・カタラーナ」を、オレンジ風味で提供する。

■詳細

 シュルレアリスムと絵画 ―ダリ、エルンストと日本の「シュール」
会期:2019年12月15日(日)~2020年4月5日(日)
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:無休(展示替えのための臨時休館あり)
場所:ポーラ美術館
所在地:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山 1285
TEL:0460-84-2111
入館料:
・個人
大人 1,800円(税込)、シニア割引(65歳以上) 1,600円(税込)、大学・高校生 1,300円(税込)、障害者手帳持参者及び付添者(1名まで) 1,000円(税込)
・団体(15名以上)
大人 1,500円(税込)、シニア割引(65歳以上) 1,500円(税込)、大学・高校生 1,100円(税込)、障害者手帳持参者及び付添者(1名まで) 1,000円(税込)
※中学生以下無料。
※シニア割引、障害者手帳持参割引は、他の割引との併用は不可。

■「シュルレアリスムと絵画」展 特別コースメニュー「スペインの風」

提供場所:ポーラ美術館併設レストラン「アレイ」
時間:11:00~16:00(L.O.)
価格:3,040円(税込)

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードポーラ美術館