欧州為替:ドル・円は108円61銭から108円70銭で推移

2019年12月12日 21:01

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*21:01JST 欧州為替:ドル・円は108円61銭から108円70銭で推移
 12日のロンドン外為市場では、ドル・円は108円61銭から108円70銭で推移した。ECB理事会、英国総選挙、米国の対中追加関税発動など重要イベント見極めムードが続き、小動きになった。


 ユーロ・ドルは1.1125ドルから1.1139ドルで推移し、ユーロ・円は120円89銭から121円01銭で推移した。ユーロ圏の10月鉱工業生産の落ち込みを受けて、上値の重い展開になった。


 ポンド・ドルは1.3220ドルから1.3151ドルまで下落。英総選挙の投票(日本時間12日午後4時から13日午前7時まで、即日開票)が始まり、持ち高調整のポンド売りが出たとみられる。ドル・スイスフランは0.9810フランから0.9834フランで推移した。《KK》

関連記事

広告

財経アクセスランキング