Exifでの写真の縦・横方向指定問題、画像認識ソフトウェアに影響

2019年12月12日 17:55

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 JPEGなどの画像ファイルに埋め込まれているメタデータ「Exif」では画像の方向(縦もしくは横)を指定できる項目がある。これを利用することで、画像部分のデータを変更することなしに表示方向を制御できるのだが、これを正しく処理できない画像認識ソフトウェアが存在していると言う(GIGAZINE)。

 昔はWebサービスでもそういうのがあったけど、人工知能関連だと確かに注意して実装しないとだめだな。

 たとえば、画像データは横向きになっていてExif情報でそれを縦に表示するよう指定している場合、それを考慮して90度回転させて処理させなければならないが、そういった処理を行なっていないソフトウェアは少なくないという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | ソフトウェア | グラフィック | 人工知能 | プログラミング

 関連ストーリー:
exifヘッダ内に命令を埋め込むことで身を隠すマルウェア 2013年07月18日
JPEG規格上で最も圧縮した写真が記録できる自作デジカメ 2019年12月11日
撮影するだけで豚の体重を推定できる「デジタル目勘(めかん)」 2019年10月04日
英警察、人工知能による画像捜索システムを開発中。しかし課題も 2017年12月25日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード人工知能(AI)

関連記事

広告