原油市場の売り場を探すことも一考か サンワード貿易の松永氏(三井智映子)

2019年12月9日 14:58

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:58JST 原油市場の売り場を探すことも一考か サンワード貿易の松永氏(三井智映子)
皆さん、こんにちは。フィスコマーケットレポーター三井智映子の気になるレポートです。今日は松永総研の週間レポートの中から、「原油市場の総括」という金市場についてのレポートをご紹介します。

レポートでは、NY原油の値動きについて『6月上旬と8月上旬と10月上旬の51ドル付近の安値でトリプルボトムを形成しており、10月上旬から右肩上がりの上値抵 抗線と下値抵抗線を形成しながら上昇トレンドを続けております』と分析しています。

加えて、『2日と3日の安値が「右肩上がりの下値抵抗線」に』、『5日に一時59.12ドルまで上昇して「右肩上がりの上値抵抗線」に触れました』とのことで、テクニカル的には『短期的に高値警戒が必要となってきました』と考察しています。

また、6日のOPEC加盟国と非加盟国によるOPECプラス会合が注目されていますが、『12月5日のOPEC総会では、「日量50万バレルの規模拡大」が合意されたことは好感されたものの、その実施期間が来年1~3月だけとなることは失望されました』とのことで、『産油国会合の行方に注目でしょう』と述べています。

そして、米中貿易協議については『今月15日までに「第一段階の合意」に達する可能性が高まってきた』と伝えており、『今月15日までに「第一段階の合意」が行われることになれば、それを受けて原油価格が上昇することも考えられるだけに、 そのタイミングを見据えて原油市場の売り場を探すことも一考かもしれません』との見解を伝えています。

参考にしてみてください。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の12月6日付「週間レポート」にまとめられています。週間レポートは会員限定となっており、メール情報会員となれば読むことができます。ご興味があればご登録ください。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子《HH》

関連記事

広告