Amazon Web Service、AI使ったコード分析サービス「CodeGuru」発表

2019年12月6日 18:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Amazon Web Serviceがコードレビュー自動化サービス「Amazon CodeGuru」を発表した(Publickey)。まずはプレビュー版との位置付けで提供が開始される。

 機械学習を使ってソースコードをレビューし、アプリケーションのパフォーマンスに関する提案を行うという。機械学習モデルはオープンソースプロジェクトやAmazon内部で使われている数千のアプリケーション、数百万のコードレビューを使って学習させているとのこと。

 CodeGuruでチェックできるものとしては、リソースのリークや潜在的なレースコンディション、無駄なCPUサイクルの利用などは挙げられている。まずはJava向けにサービスを提供し、今後ほかの言語にも対象を広げるという。

 利用料金は1サンプリング時間あたり0.005ドル+コード100行あたり月0.75ドル。また、最初の90日間は無料で試用できる。

 スラドのコメントを読む | デベロッパーセクション | 人工知能 | プログラミング

 関連ストーリー:
XcodeGhost、Appleのコードレビューでも発見されないマルウェア感染iOSアプリを生成 2015年09月21日
表計算ソフトはコードレビューがしにくいため重要な仕事には向いていないという説 2014年05月30日
よいコードを書くようにチームを説得するには? 2013年01月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAmazon人工知能(AI)オープンソース

関連記事

広告

財経アクセスランキング