ノーリツがシステムキッチンなどからの撤退を発表しクリナップに注目集まる

2019年12月5日 12:22

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■システムキッチン業界の再編を念頭に思惑を巡らせる動きも

 クリナップ<7955>(東1)は12月5日の前場、715円(9円高)で昼休みに入り、12月2日につけた年初来の高値717円に迫った。

 10月下旬に業績予想の増額修正を発表するなど、業績回復が目立つ銘柄のひとつ。加えて直近は、「ノーリツ風呂釜」のノーリツ<5943>(東1)が事業の集中と選択を目的に「住設システム分野から撤退し、システムキッチン、システムバス、洗面化粧台の開発・生産・販売を2020年6月末に終了」(11月27日発表)などと発表したため、システムキッチンの大手としてクリナップに注目する動きが出ている。

■業界大手として大きな役割を担う可能性が

 ノーリツも前引けは17円高(1424円)となった。同社のシステムキッチン撤退は、国内事業の構造改革の一環。同発表では、さらに、「システムキッチン、洗面化粧台の開発・生産を担う子会社である株式会社アールビーのキッチンライフ事業所(群馬県前橋市)については、事業および事業所の譲渡について、関連取引先と交渉中」とした。

 このため、株式市場では、システムキッチン業界の再編を念頭に思惑を巡らせる動きもある。業界再編が始まる場合、クリナップは業界大手として大きな役割を担う可能性がある。買い材料として思惑が強まる可能性が言われている。

 クリナップの今期・20年3月期の連結業績予想は、さる10月31日に増額修正を発表した。売上高を前期比3.4%増の1080億円の見込みとし、営業利益は前期の4.65億円の赤字から24.50億円の黒字に、純利益は同7.04億円の赤字から15億円の黒字に、大きく拡大する見込みとした。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
クリーク・アンド・リバー社は上値試す、20年2月期大幅増益予想(2019/08/08)
TACは調整一巡、20年3月期減益予想だが1Qは2桁経常増益(2019/08/08)
ゼリア新薬工業は調整一巡、20年3月期大幅増益予想、1Q減益だが進捗率順調(2019/08/06)
テクマトリックスは上値試す、20年3月期増収増益・連続増配予想で1Q順調(2019/08/06)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • レーシングマシン走行(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 開会式用公式服装姿を披露するアスリートたち
  • 画像はイメージです。
  • リサイクルペットボトルによる720mlペットボトル商品。(写真:サントリーグループ発表資料より)
  • ネイティブキャンプ英会話のイメージ。(画像: ネイティブキャンプの発表資料より)
  • 718 ボクスター GTS 4.0(画像: ポルシェの発表資料より)
  • 新型名阪特急「ひのとり」。(画像: KNT-CTホールディングスの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース