カカオの果肉部分を砂糖の代わりに使用したキットカットが登場

2019年12月4日 09:14

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 カカオはチョコレートの原料として知られるが、一般的に利用される部分はカカオ豆(種子)部分のみで、パルプと呼ばれる果肉部分の大部分は廃棄されているという。しかし、この果肉部分は独特の甘酸っぱい味がするそうで、それを砂糖代わりに利用した「キットカット ショコラトリー カカオフルーツチョコレート」が11月29日に発売された(ネスレ日本の発表)。

 東京や大阪、川崎、広島の「キットカット ショコラトリー」およびネット通販などでの限定販売で、価格は1本400円(税別)。

 スラドのコメントを読む | ニュース

 関連ストーリー:
ネスレ日本、「キットカット」大袋の包装をプラスチックから紙に変更 2019年08月02日
ネスレ、当選者をGPSで見つけて賞金を届けるキャンペーンを英国で実施中 2012年09月23日
ダークチョコレートの健康増進効果が広く信じられるようになったのは、チョコレート産業が学術研究に資金を投入し続けた成果? 2017年10月22日
ホワイトチョコレート以来80年ぶりの新タイプチョコレート「Ruby」 2017年09月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードチョコレートネスレキットカット

関連記事

広告

財経アクセスランキング