炭疽菌の毒素を使った膀胱がんの治療法が考案される

2019年12月3日 09:20

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 炭疽菌を膀胱がんの治療に使用する研究が行われているそうだ(パデュー大学の発表)。

 膀胱の内面は炭疽菌の毒素の効果を受けない物質で保護されているが、がん細胞にはこの保護効果がない。これを利用し、がん細胞だけを攻撃するような仕組みを実現できる可能性があるという。現在は犬を使った実験が行われており、人に適用できれば数時間かかる治療が数分に短縮できるという。

 スラドのコメントを読む | 医療

 関連ストーリー:
シベリアで炭疽病が発生し死者を出す。高温で永久凍土から溶けて菌が増殖? 2016年08月06日
炭疽菌がヘロインに混入、英国グラスゴーで集団感染 2010年02月25日
部位によって大きく異なるがん5年生存率、平均66.1%、膵臓がんは9.6% 2019年08月10日
ノバルティスのガン治療新薬「キムリア」、保険適用が決まる。1回分で3,349万円 2019年05月16日
犬の駆虫薬でがんが完治? 2019年05月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードがん

広告

広告

写真で見るニュース

  • 雪道の安全運転にはタイヤチェーンが大切である。
  • マイナーチェンジされたC-HR(画像: トヨタ自動車の発表資料よより)
  • タイで観測されたふたご座流星群 (c) 123rf
  • twiice社の食べられるコーヒーカップ。(画像:ニュージーランド航空発表資料より)
  • DMMかりゆし水族館のイメージ(大和ハウス工業提供)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • Mazda MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)
  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
 

広告

ピックアップ 注目ニュース