レコードショップ「ウェイヴ」“kioskスタイル”で渋谷パルコに

2019年11月24日 21:34

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 レコードショップ「ウェイヴ(WAVE)」が、ミスター・ジェントルマン(MISTERGENTLEMAN)のオオスミタケシと吉井雄一手掛ける新プロジェクトとして再スタート。2019年11月22日(金)、渋谷パルコ1階に初ショップをオープンする。

■レコードショップ「ウェイヴ」が“kioskスタイル”で再スタート

 渋谷パルコ1階、ナカシブ通り口のオルガン坂方面角のところにオープンする「ウェイヴ」。同ショップは、かつて80~90年代を中心に“音と映像の新しい空間”としてカルチャー発信基地のように様々な文化を発信する存在だったレコードショップだった。

2017年、ミスター・ジェントルマンを手掛けるオオスミタケシ、吉井雄一が中心となり新しいプロジェクトとして再スタート。そこから2年の時を経て「MICRO WAVE」というサブネームをつけた“kioskスタイル”のショップとして誕生する。

■“音楽”とリンクするアパレル、レアなレコードも販売

 店内は、“音と映像の新しい空間”の再来を身体で感じらせてくれるような内装だ。約400ものモジュラーシンセが使用された「モジュラーシンセウォール」に囲まれ、そのそばにはレコードのようなものがずらり。それらは、実はすべて、12インチレコードサイズにパッケージされたTシャツとなっている。

 Tシャツ以外にも、スウェット、レコードバッグ、キャップ、USB型のネックレス、iPhoneケースなどが展開される。もちろん、見せかけのレコードだけでなく“本物”も販売しており、なかなかお目にかかれないレアな中古レコードも揃っている。

■ショップの外にはオリジナル缶コーヒーの自販機も

 ショップの外には、日本初のアーモンドミルクを使用したウェイヴオリジナル缶コーヒーの自動販売機も備えた。コーヒー豆はエチオピア産のアラビカ種100%を使用し、異なる焼き加減のコーヒー豆を焙煎後にそれぞれ混ぜ合わせるというアフターブレンドによって、華やかな香りとコクを引きたてた。

なお、店舗外のモニターでは今後、アーティストのリリースに合わせてPVなども流すという。音楽やファッションだけにとどまらない様々なカルチャーミックスをベースにした“TEST HOUSE(実験室)”としても機能する。

【店舗詳細】
ウェイヴ(WAVE)
オープン日:2019年11月22日(金)
住所:東京都渋谷区宇田川町 15-1 渋谷パルコ 1F
TEL:03-6455-2214

■アイテム価格例

スウェット 15,000円+税
ロングスリーブTEE 8,000円+税
TEE 6,500円+税
レコードバッグ 6,000円+税
キャップ 8,000円+税
USBネックレス 6,500円+税
iPhoneケース 3,000円+税

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードミスター・ジェントルマン渋谷パルコ

広告

財経アクセスランキング

広告