Intel、古い製品向けドライバーやBIOS更新などのダウンロード提供終了を進める

2019年11月23日 11:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 Intelが古い製品向けドライバーやBIOSアップデートなどについて、ダウンロード提供の終了を進めている(gHacksBetaNewsThe RegisterPhoronix)。

 現在話題になっているのは11月22日で提供が終了するもので、すべてIntel純正マザーボード向けのBIOSアップデートとみられる。製品としては古いものばかりだが、中にはSpectre/Meltdown脆弱性対策で昨年10月にリリースされたものも含まれる。その次は12月6日に提供が終了するもので、こちらにはドライバーやサポートソフトウェアなども含まれている。この件は最近になって話題になったが、実際には9月から順次提供を終了してきたようだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ハードウェア | ソフトウェア | Intel

 関連ストーリー:
IntelのAMD GPU内蔵Kaby Lake-G、終了へ。ドライバは製品発売から5年間サポート 2019年10月11日
Intel、初のUWD版グラフィックスドライバーをリリース 2018年12月01日
NVIDIA、32ビットOSに対するドライバーサポート終了計画を発表 2017年12月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード脆弱性IntelSpectre

関連記事