カルナバイオサイエンス 新規マラリア治療薬に係る米国特許商標庁からの特許査定通知を受領と発表

2019年11月20日 10:30

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:30JST カルナバイオサイエンス---新規マラリア治療薬に係る米国特許商標庁からの特許査定通知を受領と発表
カルナバイオサイエンス<4572>は19日、北里大学北里生命科学研究所との共同研究において創出した新規マラリア治療薬の特許出願に関して、米国特許商標庁からの特許査定通知を受領したと発表。

マラリアは世界3大感染症の一つで、現在でも年間死亡者数は40万人以上に上る。既存薬に対する耐性原虫も出現していることから、新規の治療薬が必要とされており、同社は、今後も北里大学北里生命科学研究所と引き続き共同研究を進めていくとしている。《SF》

広告

広告

写真で見るニュース

  • マイナーチェンジされたC-HR(画像: トヨタ自動車の発表資料よより)
  • タイで観測されたふたご座流星群 (c) 123rf
  • twiice社の食べられるコーヒーカップ。(画像:ニュージーランド航空発表資料より)
  • DMMかりゆし水族館のイメージ(大和ハウス工業提供)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • Mazda MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)
  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
 

広告

ピックアップ 注目ニュース