Airbnbが五輪公式スポンサーに、批判も

2019年11月20日 09:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 民泊仲介サービスAirbnbが、IOCと五輪スポンサー契約を結んだ。契約は9年間で、これによって同社は大会期間中の「公式宿泊先」としてPRができるようになる(AFPEngadget日本版朝日新聞)。

 一方で民泊に対しては、民家が宿泊先に転用されることで住宅不足や家賃高騰が起きる可能性などの懸念があるほか、競合となる既存旅館・ホテル業からの反発も強い。フランスのパリでは民泊の影響で中心部の人口が減っているという指摘もあり、パリ市長はAirbnbとの契約について警告する文書をIOCに送付したという。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | スポーツ

 関連ストーリー:
パナソニック、民泊事業参入へ 2018年06月29日
Airbnb、未認可民泊の予約を大量キャンセル 2018年06月11日
Airbnbの影響でパリ中心部の人口が減少? 2017年01月18日
米ニューヨークで「民泊」の取り締まりを強化する法案が成立 2016年11月02日
民泊サービスや配車サービスで起こる差別問題 2016年09月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードフランス民泊パリAirbnb

広告