いつも清潔なカーライフに 車用ハンディクリーナーという「オプションパーツ」

2019年11月18日 16:54

小

中

大

印刷

 快適なドライブには車内の清潔さを守ることが必要不可欠である。そこで役に立つのが車用ハンディクリーナーなのだが、存在を知らないユーザーはまだまだ多いようだ。車用のハンディクリーナーはHonda Accessのようなディーラーのオプションパーツとしても注文可能である。オートバックスやイエローハットなどのカー用品店でも求められる。ハンディクリーナーも、車の中をいつもきれいにするために大切な「オプションパーツ」なのだ。

【こちらも】常時車に備えておくと便利なもの (1)

 車のアフターパーツと聞いて多くの人が想像するのは、見た目のドレスアップや性能向上に役立つエアロ、LEDライト、ホイール、ガーニッシュなどだろう。インテリアをおしゃれに飾るインテリアパネル、ステアリングホイールやシフトノブ、シートなどのカバー、ルームランプなども考えられる。

 しかし、いくらおしゃれに飾っても普段のお手入れが行き届いていなければ、ゴミだらけのせいで車の見栄えは台無しになりかねない。小まめにハンディクリーナーを使って目につくゴミだけでもきれいに吸い取っておくことが大切だ。

 クリーナーを選ぶなら最初に吸引力を確かめよう。50W前後あれば、シートの隙間に入ったゴミも楽々に吸い取れる。コードがあれば電源に接続することですぐに起動でき、コードレスなら充電していればいつでも掃除可能だ。たとえば同乗者がお出かけの途中でコンビニなどへ買い物に行っている間に、気になる汚れがあればすぐにハンディクリーナーを持ち出してひと吸いすれば済むときもある。時間帯を問わずに自由に動かせるのがコードレス掃除機の魅力だ。ただし、公共の場所に掃除機の音が響いて迷惑にならないように、50dB以下の稼働音という基準も大切にしたい。

 購入したばかりの車をオプションパーツで飾ろうと、エアロやホイール、インテリアのカバーなどを選ぶのが楽しみな人は多いだろう。しかし、車内環境を清潔に保つという現実的な目標も忘れてはならない。そこで役に立つ車用ハンディクリーナーも、きれいなカーライフを作るための「オプションパーツ」なのだ。

広告